診療時間

自律神経失調症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 更年期にあたらないのに、めまい・息切れ・倦怠感・発汗が起きる
  • 何に対しても興味がわかない
  • イライラしたかと思うと反対に涙が出てくることがある
  • 下痢・便秘を繰り返して食欲が低下する
  • 病院で自律神経失調症のお薬をもらっているが治らない

自律神経失調症の症状|まつもと庄内鍼灸・整骨院

自律神経は、身体の臓器機能を維持する神経のことを言います。

この神経は、心拍・血圧・発汗・血管伸縮・体温・呼吸といった生きていくために必要な働きを制御しているのです。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」に分かれ、交感神経は日中の「活動」をコントロールし、副交感神経は夜の「休息」を制御しています。

何らかの原因で2つの神経バランスが崩れることで心身の調整が正常に行われないため、様々な不調があらわれるのです。

主な自律神経失調症の原因|まつもと庄内鍼灸・整骨院

主な原因は大きく分けて3つあります。

・ストレス

生活環境の変化、仕事のプレッシャー、人付き合いなどで生活のリズムに狂いが生じると、それに対応できずにストレスが生まれ自律神経が乱れやすくなります。

・更年期や妊娠

自律神経および性ホルモンの分泌を司るのは脳の視床下部という部分です。

更年期では女性ホルモンの分泌量がほとんどなくなり、妊娠期ではホルモンの分泌が過大になると、それだけ自律神経のバランスも狂いやすくなるのです。

・悪いクセ・姿勢、骨盤の歪み

自律神経は背骨を通っており、日頃のクセなどで姿勢が悪くなると、背骨に繋がる骨盤まで歪み、自律神経の働きが悪くなります。

当院の自律神経失調症への施術方法とは?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

何だか最近調子が悪い・・・そう思ってマッサージ、整体に行かれる方は少なくはありません。

そこで施術を受けると症状が軽くなり、何日かは調子良く過ごせるのではないでしょうか?

その理由は、マッサージや整体で一時的に血行が良くなって体温上がると、自律神経の働きが正しい時と同じ状態になるからです。

ですが、その効果は限定的なものでしかなく、再び調子が悪くなってしまいます。

そこで、当院では単なる表面的なマッサージは行わず、全身を矯正できるオリジナルプログラムである【ゼロ整体】をご用意しております。

最初に患者様の日常生活や仕事などを詳しく問診し、その後に筋肉・骨盤・骨格を触診して原因を特定します。その上で、お一人お一人に最適なメニューをご提案しております。

検査に基づいて、首や背中にあるツボを刺激し、症状によってはお灸なども用いて固まった筋肉や筋膜を和らげていきます。

さらに、歪んでしまった骨格・骨盤を矯正して全身のバランスを整え、溜まったストレスを全くの「ゼロ」にしていきます。

自律神経は背骨内を通っており、骨格が正しくなるとその分自律神経も整いやすくなるのです。

自律神経の不調を薬に頼らず治したいとお悩みの方は、当院までお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備