診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 荷物を持ち上げようとしたら、ギクッと腰に痛みが走った
  • 普段通りくしゃみをしたら、腰に激痛が走った
  • ぎっくり腰になってしまったが、痛くて夜も眠れない
  • 腰が痛くて前屈みになったり体を後ろに反らすことができない
  • 時間が経てば自然に痛みは治まるけれど、何度もぎっくり腰を繰り返している

ぎっくり腰とは?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

ぎっくり腰は、正式名称は「急性腰痛症」といいます。

特徴としては、以下のようなものがあります。

  • ・急に発症する

  • ・痛みは動くとひどくなる

  • ・レントゲンやMRIを撮ったが、特に異常はなかった

  • ・1~2週間くらいで改善することが多い

ぎっくり腰は、命に関わる病気ではありませんが、欧米では痛みの強さから「魔女の一撃」と呼ばれ、とても痛いため動くことができなくなってしまいます。

ぎっくり腰の原因とは?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

ぎっくり腰はなぜ起こるのだろうと思う方も多いかと思いますが、現状は原因ははっきりわかっていません。

直接的な原因としては、筋肉や関節の捻挫や炎症が考えられます。

発症するのは、重い物を持ち上げた時が多いですが、少し腰を捻っただけでも、立ち上がろうとしただけでも発症することがあります。

ぎっくり腰を放置すると?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

ぎっくり腰は時間と共に比較的回復しやすいですが、くせにもなりやすく何度も繰り返してしまうことが多いです。

また、1ヶ月以上経っても症状が治らなかったり、下肢全体にしびれや痛みが起こったりすることもあります。

この場合の多くは、神経障害や圧迫骨折、腰椎椎間板ヘルニアだったのに、ぎっくり腰と勘違いして放置してしまったために、症状が悪化しているというケースです。

そのため、ぎっくり腰と自分で判断せず、整形外科でレントゲンやMRI検査を受けることをおすすめします。

当院の施術方法|まつもと庄内鍼灸・整骨院

当院に腰痛で来院された方の多くに見られるのは、腰椎、骨盤、背骨など骨の歪みです。

このような骨の歪みをきちんと矯正することが、ぎっくり腰の改善につながると考えています。

先天的な骨の歪みという場合もありますが、日頃の悪い姿勢によって少しずつずれてしまうということも多いです。

そうすると、腰に過度な負荷がかかり筋肉が硬くなります。その状態で筋肉を伸ばそうとすると引き裂かれたような激痛が走るのです。

治療の際は、まずはぎっくり腰になった時の状況を詳しく伺います。それが来院直前の場合は冷やして筋肉の炎症を抑え、緊張を取り除いていきます。

程度時間が経ってしまっている場合は、マッサージなどで血行を良くし固まった筋肉をほぐします。

そしてある程度症状が落ち着いたら、骨格や骨盤の矯正を行ない、それぞれの患者様に合った全身バランスへと整えていきます。

こうすることで再発しにくい身体づくりをしていきます。

ぎっくり腰悩んでいる方は、当院で一緒に再発しにくい身体を目指し、治療していきましょう。

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備