診療時間

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ブロック注射、痛み止めを飲んでも痛む
  • お尻~太もも・ふくらはぎにかけて痛い
  • お尻への痛みが強くて長時間座れない
  • お尻~足へ電気が流れるような感覚がある
  • 「坐骨神経痛」と言われ通院したが良くならない

坐骨神経痛の原因|まつもと庄内鍼灸・整骨院

坐骨神経痛は、お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足先などの部位に、しびれ・痛みを感じる症状の総称です。

主な原因は7つ考えられます。

1、椎間板異常

椎間板とは、背骨の間にあるクッションのような役割をしている部位で、この椎間板が飛び出すことで手術になる場合もあります。最近の研究では、異常が見られても症状がない方には手術をしないケースも増えています。骨格を矯正することで症状改善が期待できます。

2、背骨異常

脊髄神経が通る脊柱管が狭くなって神経を圧迫する場合です。腰・臀部・足先にかけて痛み、しびれが現れます。

手術になる場合も多く、骨格を矯正することで改善する見込みもあります。

3、腰椎変形

加齢などで腰椎が変形し、神経を圧迫して腰・足に痛みやしびれが出ることがあり、2に移行するケースもあります。

4、腰椎分離

腰椎が疲労骨折を起こしたり、分離した骨がずれ神経を圧迫してしまう場合です。

5、腰椎が「ずれる」

脊椎を構成する骨が部分的にずれ、脊椎分離症や腰椎すべり症などが該当します。

6、臀部(お尻)の筋肉

梨状筋症候群とも呼ばれ、お尻の筋肉が硬くなることで神経を圧迫してしまいます。こちらも骨格を矯正することで改善が期待できます。

7、骨格のゆがみ

この、骨格のゆがみこそが体の至る所に負荷をかけ、1~6の原因を産み出していると考えられます。根本的に改善するための骨盤・骨格を矯正し、正しい位置へ導くことが重要であると当院では捉えております。

坐骨神経痛が治らない理由|まつもと庄内鍼灸・整骨院

今の治療が患者様に合っていない可能性が考えられます。

例えば、坐骨神経痛と見られない人でも骨に変形があることもあり、一概に骨の変形異常だから坐骨神経という考えは危険だと言えるのです。

坐骨神経は、神経負担を取り除けば良くなってくのです。

当院で実績多数の坐骨神経痛治療法|まつもと庄内鍼灸・整骨院

これまで、多くの患者様から

  • ・「もっと早く知れば良かった!」

  • ・「久しぶりに感じる体の軽さが新鮮」

  • ・「他で治療を受けても治らず、諦めていたが治った!」

  • ・「マッサージのように何度も通わずに痛みから解放されるとは想像していなかった」

  • ・「日にちが経って痛くならない!」

とのお声を頂いております。

当院の施術で効果が実感できる理由として、身体全身のケアをして根本原因を改善することにあります。

坐骨神経痛になるきっかけは患者様により異なりますが、多くの場合は身体のゆがみを矯正することで改善することができるのです。

当院では、ハイレベルな技術をもつ施術者が、歪んだ骨盤や背骨、腰椎を数ミリ単位でバランスを整えることができ、正しい位置へと矯正していきます。

そうすることで、

  1. 1、凝った筋肉を緩める

  2. 2、自然治癒力が上がる

  3. 3、神経への負担が減り

  4. 4、神経の調和ができる

といった効果が期待できます。

  • ・いつまでも治らない坐骨神経痛を持っている

  • ・正しい姿勢を取り戻し、維持したい

  • ・坐骨神経痛を再発させたくない

とお悩みの方は、根本改善ができる当院にお越しください!

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備