診療時間

動悸

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 時々息苦しさが起きる
  • めまい・ふらつきがある
  • 不快に感じる鼓動、心臓のどきどき
  • 意識が遠のくような感覚や失神

動悸とは?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

動悸とは、意識しない自分の心臓の拍動を色々な形で感じる状態をいいます。

感じ方も大きく分けて3パターンがあり、ドキドキと早く感じる場合、ドクンドクンと鼓動が大きく感じる場合、ドキドキッ、ドキッと一瞬胸が詰まるような動悸があります。

この動悸は、心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤など心臓病の初期症状にあたる可能性があります。

例えば、緊張時や飲酒をしたときに出る動悸の症状は、外部から受けた刺激で体が興奮して交感神経が活発に働くからです。人間には緊張状態や興奮時に働く交感神経と、眠っているよきやリラックス時に働く副交感神経という2つの神経によって支配される「自律神経」があります。

この自律神経のバランスが崩れると体に不調をきたします。

交感神経が活発に働くと外部刺激から体を守るために防御反応がでますが、その反応のひとつが一時的な動悸の症状なのです。

2つある動悸の原因|まつもと庄内鍼灸・整骨院

動悸の主な原因として2つに分けられます

①心臓不調によるもの

これは、不整脈や心不全などで心臓の拍動リズムが乱れたり、血液を全身に送り出す機能が弱まると動悸が出てきます。他にも、吐き気・めまい・倦怠感などの症状が出てくることもあります。

②心疾患以外で引き起こるもの

・貧血

なんらかの原因で全身に酸素や栄養を届けるまでの血液や成分が不足し、動悸の他にも息切れ・頭痛なども引き起こします。

・低血糖

過剰なダイエット、または過度な食事による栄養不足から起きる血糖値低下が原因です。動悸・冷や汗・手の震えなどを引き起こします。

・甲状腺機能亢進病(バセドウ病)

こちらは、甲状腺の働きが過剰になることで代謝エネルギーが異常に高まり、動悸の他にも不整脈・急激な体重減少なども引き起こします。

・脱水

身体の水分量が不足することで動悸・口、喉が渇くといった症状を引き起こします。

当院での動悸への施術方法とは?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

当院では、動悸に対してマッサージや整体による西洋医学的視点を用いた【ゼロ整体】施術の他に、東洋医学的視点から鍼灸を用いた施術も行っております。

東洋医学から伝わるお灸では、身体を内から温めることで自律神経の調和を図り、鍼治療では淀んだ血流改善や自律神経を整える施術を行います。

また、西洋医学として指圧などで凝り固まった筋肉を柔らかくほぐし、悪い姿勢によって引き起こされる血流障害の改善までを行います。

当院では、【ゼロ整体】という新しい根本治療を取り入れ、これまで不良姿勢によって引き起こされる血流障害などの改善や、動悸の症状の改善実績を多数挙げてきました。

辛い症状にお一人では悩まず、まずは気軽に当院までご相談ください。

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備