診療時間

起立性調節障害

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝なかなか起きることができない
  • 起こされたようだけれど全然覚えていない
  • 立ち上がる際、めまいがある
  • 立ちっぱなしが長時間続くと、気分が悪くなるときがある
  • 心配になり病院へ行ったが、検査結果は異常なく、先生に心ないことを言われてどうしたら良いか分からない

一般的な起立性調節障害の原因|まつもと庄内鍼灸・整骨院

起立性調節障害の一般的な原因としては、自律神経の乱れにより血圧が上がらず、全身に血液が行き渡らないことと考えられています。特に症状が多くみられるのは10代の方で、副交感神経と交感神経の切り替えがうまくいかず、朝なかなか起きられなかったり、めまいや頭痛、動悸などの症状が起こったります。

特徴としては、症状が強く起こるのは朝のため、学校や仕事に行きたいと思っていても、めまいや頭痛のせいで行くことができないという点があげられます。

知らない人が見ると、なまけているように見られることも多いですが、実際は自律神経の乱れにより起こってしまう症状なので、なかなか理解されずつらいと感じる方が多いです。

一般的な「起立性調節障害」の対処法は?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

一般的な病院での治療のほとんどは、

・漢方薬や血圧を調整する薬の処方・カウンセリングなどです。

もちろんこれらの対処で症状が軽減される場合もあります。

しかし、

  • ・病院で検査したが異常が見つからず、不定愁訴と言われた

  • ・定期的に通院していても、なかなか改善されない

という悩みを持っている方もたくさんみえます。

それでは、どのように対処すれば起立性調節障害を改善することができるのでしょうか?

当院の起立性調節障害の施術方法|まつもと庄内鍼灸・整骨院

当院の考えは、自律神経の乱れには、過度なストレスからの筋肉の過緊張と、生活習慣の乱れによる身体のゆがみが関係しているため、改善にはこの2つを正常に戻す必要があるということです。

1.筋肉の過緊張

長時間過度なストレスが身体にかかると、交感神経が常に過剰に働いている状態になって筋肉が緊張しすぎている状態になります。この過緊張の状態が続くと、交感神経がさらに刺激され、自律神経のバランスが乱れていってしまいます。また、首に自律神経節と呼ばれる部分あるので、首回りの筋肉が過緊張することも自律神経のバランスが乱れにつながります。

2.身体のゆがみ

当院では、オリジナルのゼロ整体で身体のゆがみを調整していきます。起立性調節障害の症状に深く関係があるが自律神経ですが、頸椎(首の骨)~背骨・骨盤にたくさん通っています。そのため、骨格に歪みがあると、自律神経の伝達がうまくいかず、バランスも乱れてしまうため、それが原因で起立性調節障害を引き起こします。

また、筋肉が緊張することにより、特定の部位に負担がかかったり、血行不良になったりして、関節や骨格をがゆがむ原因にもなります。

さらに、生活習慣の乱れが、筋肉や骨の低下の手助けになってしまうこともあります。

そのため、身体の疲れを自分でしっかり把握して、当院オリジナルの整体技術によって身体のゆがみを調整することが大切です。

3.セルフケア

さらに、当院ではお家でできるケアの仕方や、健康的な身体づくりのための生活改善のアドバイスを行います。せっかく施術して身体のゆがみを整えても、生活習慣を改善しなければまた元の悪い状態に戻ってしまいます。当院の施術は、骨格のゆがみ調整など根本的アプローチと、生活習慣のアドバイスも同時に取り入れ、起立性調節障害の症状を改善します。

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備