診療時間

月経前症候群(PMS)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 下腹部痛・吐き気・倦怠感など色々な症状に悩まされている
  • 胸の張りがひどく痛い
  • 下痢や便秘になりやすい
  • イライラしたり悲しくなったり、不安定な精神状態になる
  • 生理の2週間前から眠気がひどく、家事や仕事に集中できない
  • 育児や家事など色々なことにやる気が出ない
  • 薬を飲むと改善されるけど、なるべく飲みたくない

一般的な生理前症候群 PMSの原因|まつもと庄内鍼灸・整骨院

生理の前、女性の身体には、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンが急激に増加します。

黄体ホルモンには、受精卵の着床を促してくれたり、乳汁の分泌を促してくれたりする大切な役割がありますが、生理前に急激に増えたあと、生理くると同時に一気に減ってしまいます。この大きな落差が原因で、身体がホルモンバランスが崩れたと勘違いしてしまって、自律神経のバランスが乱れ、PMSを引き起こすと考えられています。

自律神経の役割は、体を調節することであり、このバランスが乱れると身体の色々な所に影響を及ぼします。

また、黄体ホルモンは水分を溜め込むという特徴ももっているので、むくみなどが現れることもあります。

このような生理前に起こる様々な身体の不調をPMSと呼んでいます。それ以外原因として挙げられるのが、偏った食生活や精神的なストレス、甲状腺の機能低下や副腎皮質機能不全です。「生理前に色々な不調が出てくるけど、生理がくるとなんとなく落ち着く」といった経験をしたことがある女性は多いかと思います。

症状の出方は人それぞれで、複数の症状が重なってでることも多いです。

一般的な「月経前症候群(PMS)」の対処法は?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

一般的なPMSの対処法は、

  • * 低用量ピル

  • * ビタミン剤

  • * 鎮痛剤

  • * 抗不安剤、抗うつ剤

などの服薬による治療です。

子宮筋腫が原因の場合は、それに合わせた処置を行います。

PMSは、服薬により一時的には症状が改善されますが、また次の生理の周期で同じように症状がでてしまうことがほとんどです。

どうすればPMSを根本的に改善することができるのかとお悩みの方も多いでしょう。

当院の生理前症候群の施術方法|まつもと庄内鍼灸・整骨院

当院での施術は大きく2つあります。

①鍼灸治療

WHOにより「生理不順」「生理痛」「冷え性」などの女性特有の症状には鍼灸治療が効果があると正式に発表されました。当院では、鍼灸治療では、全身の血流良くして自律神経の調節を行い、カラダの状態を診ながら不調や自己治癒能力を上げていきます。また、お灸によって特に下肢の血流改善を行い、冷えを解消いたします。

②ゼロ整体

当院の「ゼロ整体」では、日常生活の送り方や普段の身体の使い方などをしっかりと伺い、骨盤や骨格のゆがみなど姿勢計測を行なった上で、関節に無理な負荷をかけないように中枢神経に働きかけて自律神経の正常にするための施術を行います。

東洋医学の鍼灸治療とゼロ整体を組み合わせた施術で根本的な治療を行います。

PMS(月経前症候群)は、痛みやだるさ、眠気などの症状もありますが、イライラや憂鬱など、精神的な症状も出ることがあり、日常生活に支障がでるほどつらい場合もあります。

PMS(月経前症候群)で悩んでいる方は、一人で悩まず、お気軽に当院にご相談ください。

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備