診療時間

交通事故の骨折・捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故で骨折してしまい早く治したい
  • 交通事故で捻挫をしてしまった
  • 湿布と痛み止めで元通りに治るのか心配
  • 固定していたギプスは取れたが、違和感が残っている
  • 骨折していた箇所の動きが事故前と比較してスムーズに動かない

交通事故の骨折・捻挫はどうすれば良い?|まつもと庄内鍼灸・整骨院

交通事故の怪我のうち、頭部の怪我やむち打ちといった首の怪我も多いですが、腕や手首の怪我は2番目に多い負傷と言われています。

交通事故時、ハンドルを握っている手首を打ち付けたり、ダッシュボードやフロントガラスにぶつけた際に骨折してしまったり、エアバックによる反動で捻挫をしてしまったりと、手首や腕は怪我のしやすい部位になります。

骨折に関しては、事故後に病院を受診し、レントゲンやCTなどの精密検査により、早期発見することができます。その後、適切な処置を受け、骨が元通りにくっついたら治療が終了となります。その後は痛み止めや湿布の処置で済まされてしまう場合もあります。

この場合、回復が遅れてしまい交通事故前の身体に戻らず、後遺症で悩まされてしまう方も多くいます。

また、捻挫をした場合、治療期間や怪我の種類によっては病院より、整骨院で治療を受けた方が早期改善する場合があります。

日常生活を問題なく、交通事故に遭う前のように過ごすためには、早い段階で適切な治療と機能改善のためのリハビリを行うことが不可欠となります。

交通事故後の骨折や捻挫の治療で不安や心配がある方は、当院に一度ご相談ください。

交通事故での骨折・捻挫に対するアプローチ|まつもと庄内鍼灸・整骨院

・交通事故の骨折

交通事故に遭った際には、痛みの有無にかかわらず必ず医療機関を受診するようにしましょう。医療機関にてレントゲンやCT、MRIなどの精密検査を受け、血管や骨の異常を見つけ出します。

骨折が見つかった際は、怪我が重い状態の時は手術を行うことがありますが、検査で安静にしていれば骨が自然とくっついてくると診断された場合は、ギプスで負傷した部位の固定を行います。

1番最初に整骨院にお越しいただいても、骨折の治療を行うことはできますが、レントゲンやCT、MRIといった精密検査は行えませんので、医療機関で骨に異常がないか検査していただけたらと思います。

医療機関に通いながら、リハビリを中心とする治療を整骨院で受けることは可能です。

当院では交通事故によって骨折をしてしまった方に対して、お身体の状態を考慮し、ハイボルトといった最新の医療機器や運動療法を用いてリハビリを行い、日常生活を問題なく過ごせるようにしていきます。

また、交通事故の不調から早期回復するためには、病院と整骨院の「併用」をしながら通院するのが望ましいです。

骨折が完治するまでは医療機関へ通院し、骨がくっついたタイミングで整骨院でのリハビリを開始することをお勧めします。

医療機関での治療が終了した後も、機能改善を目的としたリハビリを行うことが、骨折した部位の違和感や動かしにくさを感じることなく生活することにつながります。

・交通事故での捻挫

当院では、交通事故での捻挫の治療を行なっております。

骨の異常は精密検査にて発見することができますが、捻挫はレントゲンで見えにくいため、適切な治療が行われず、靭帯が伸びたままの緩んだ状態のままになってしまう場合があります。

この状態を放っておくと、捻挫を繰り返してしまいやすい関節になってしまいます。

もし手術が必要な場合は、病院での施術が必要ですが、手術の必要ない捻挫であれば、整骨院にお越しいただくことをお勧めします。

当院では、捻挫による炎症が起きている場合は、ハイボルトという最新医療機器を用いた治療や優しいソフトな施術を行なっていき痛みをとっていきます。

そして痛みが落ち着いてからは後遺症を残さないために、さらに深部の痛みの原因を取り除くための治療を行います。

捻挫といえど、患者様によって状態は多種多様ですので、お一人お一人の症状をしっかり検査・確認して的確な施術を行なっていきます。

交通事故による骨折・捻挫に対する当グループの施術|まつもと庄内鍼灸・整骨院

接骨院には柔道整復師という国家資格を持っている方々がいます。柔道整復師とは骨折・捻挫などに対し、手術をせず、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる施術を行っています。

交通事故で捻挫をした場合は病院よりも接骨院で施術を受けた方が早期に完治することもあります。

また、病院では骨折をした場合、骨がついたら治療終了、その後は湿布で済まされてしまうこともあります。

これでは回復が遅れてしまい交通事故前の体に戻りません。

日常生活を問題なく、事故に遭う前のように過ごすためには、適切な治療と十分なリハビリを行うことが不可欠です。

交通事故で骨折をした場合、まずは病院へ運ばれます。

その際、怪我がひどい時は手術をしますが、それ以外ではギプスを巻かれることが多いです。

一番最初に整骨院に来ていただいても、骨折の施術を行うことはできますが、レントゲンやMRIはないので、病院で骨に亀裂がないかを検査して頂きます。

病院は検査で通いながら、リハビリは整骨院で受けることが可能です。

当院のリハビリは、運動を用いた施術を行い、怪我したところが治った後も、事故前の日常生活に戻れることを目的としています。

交通事故で捻挫をした場合、病院に行ったが骨に亀裂がない方はあまり重視されず、まともに治療してくれません。放っておくと、捻挫を繰り返してしまいます。

当院では、痛みが落ち着いてから再発しないために、痛みの原因を取り除く施術をします。

事故後、すぐさま施術を行うことで早く完治することができますので、当院までお早めにご相談下さい。

お問い合わせ

  • まつもと庄内鍼灸・整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒390-0828
長野県松本市庄内3-1-12
小平ビル
アクセス
駐車場完備